摂食障害を治療する

摂食障害は精神科がいいか

摂食障害については、拒食症・過食症など様々な症状があり、この原因は非常に精神的なものとして広く知られています。 このため、基本的に今現在は治療のためには薬剤療法・カウンセリング・認知療法など様々な方法で治療することが出来ます。 ただ、もしどうしても精神科に抵抗があるのであれば、思春期外来などでも治療が可能です。これは精神科だけではなく婦人科にもあり、メンタル的な調子を崩した時に行けます。また、一般的な内科などでも心理的なケアが出来る病院もあります。 今後はインターネットを経由したカウンセリングなども出来るようになるかもしれませんが、現状では精神安定のためには対面する形での治療が主流です。また、医師ではないと処方できない安定剤などもありますから、そのようなもので心を落ち着けるのも良い方法でしょう。

治療の際に気をつける点

摂食障害という病気の場合は、やはりその患者は非常にデリケートで精神的に不安定な面を持っていることが多いものです。 このため、いくつか気をつけておかなくてはならないことがあります。 ひとつは急いで治そうというような気持ちにならないことです。少なくとも長い時間ストレスを受け続けることにより摂食障害になったのですから、治療には時間がかかります。周囲で見ている人が焦るあまり治療を急かすことはよくありません。長い目で見ておく必要があります。 もうひとつは相性の良い医師のもとで治療を受けることです。この摂食障害は精神系の医師でも専門的な知識の有無で治療方針や治療対象となるかどうかがだいぶ違ってきます。このため、少なくとも相性がよく、なおかつ摂食障害の治療方法を知っている医師に任せることが大事なことになるでしょう。

▲TOPへ▲