アレルギーによる症状

アレルギー性鼻炎とは風邪でもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどが突然起こることです。アレルギー反応によるもので、これは鼻の粘膜が炎症を起こすと発症します。最近ではアレルギー性鼻炎になる人が増えており、日本では約5人に1人はアレルギー性鼻炎に悩まされていると言われています。大きな原因は、ハウスダストによるものとされています。気密性の高い住宅などに住んでいると、ハウスダストは発生しやすくホコリやダニなども混ざっています。他には、花粉症の飛散や大気汚染、ストレスや食生活などが挙げられます。花粉症などは花粉となる杉の木などによるものとされ、沖縄を全国各地で花粉症に悩んでいる人は多いでしょう。アレルギー性鼻炎に一度なっってしまった場合は、原因となるアレルゲンと接触しないことがポイントです。毎日の生活の中で、アレルゲンとなるものを見直し症状を改善していきましょう。

アレルギー性鼻炎の大きな特徴は、突然起こるくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどが繰り返し起きます。症状の中には、「通年性アレルギー性鼻炎」と呼ばれる1年中症状が出るものもあれば、春や秋などの一定の季節だけに出る症状の「季節性アレルギー性鼻炎」があります。この2つの内の1つが症状として出る場合もあれば、両方を発症させてしまう人も少なくありません。それぞれに特徴がありますが、通年性アレルギー性鼻炎の場合は冬に強く症状が出ると言われています。寒い冬には暖房を使用するので、室内を閉めきった状態にする日が多いでしょう。その場合、部屋の中にハウスダストが飛び回り、それだけでなく空気の乾燥が悪化してしまうことがあるのです。乾燥することで合併症を引き起こす可能性もあり、アトピー性皮膚炎を発症させてしまうこともあります。病院受診すれば、問診や鼻鏡検査などで原因を調べることが出来ます。

▲TOPへ▲